ページタイトル

ランプの製造から百十余年、産業界にともす光の歴史
夢をカタチにする。一歩づつ前進する。

明治21年、創設者の橋本為三郎は、播州加古川に文明開化の象徴といえるランプの製芯を始めて、その販路は広く韓国、台湾に及んでいました。大正時代にはガラス器具、電機器具の取扱い販売を主力として、大正11年にはいち早く吸入酸素の取扱いを始め、ここにガス販売創業の第一歩を踏み出しました。

昭和6年、橋本酸素商会として酸素部門を分離独立し、以後各種ガス及び器具の販売に努め、昭和26年に橋本酸業株式会社を設立。平成9年に従来の事業にとらわれず、未来への飛躍を目指してネクスト・ワン株式会社と改称しました。

戦後の基幹産業、経済の発達とともに、酸素ガス、炭酸ガスなどの高圧ガスをはじめとして溶接機材販売、さらに特殊ガス、冷媒ガスの取扱いと共に空調冷暖房設備の機器販売・施工、ついで管工事の専門業者としての分野の伸長をはかり、さらにLPGの取扱いから住設部門へと拡げてまいりました。

基幹産業における大企業、中小企業各社のニーズに的確にお応えする商品のレパートリーを拡げ、お客様に満足していただけるサービス体制の充実と情報の提供を行い、ネクスト・ワンは誠意をもって歩んでまいります。

1888(明治21年) 橋本為三郎、ランプ製芯所を開設。
1951(昭和26年) 橋本酸業株式会社に改組。特殊ガス、冷媒ガスを取扱う。
1954(昭和29年) 加古川市加古川町栗津805-3に本社移転。
1956(昭和31年) 姫路営業所を開設。
1959(昭和34年) 明石営業所を開設。
1963(昭和38年) 神戸営業所を開設。
1964(昭和39年) 大阪営業所を開設。
1967(昭和42年) 明石営業所を神戸市西区に移転し、LPGスタンド並びに充填基地を設置。
1972(昭和47年) 東京営業所を開設。
1973(昭和48年) 高圧ガス総合充填工場並びに耐圧試験場を神野町に移転新築完成。
1978(昭和53年) 岡山営業所を開設。
1981(昭和56年) 東大阪市に大阪営業所新築移転し、大阪総合充填工場を建設。
1983(昭和58年) 群馬営業所を開設。
1985(昭和60年) 群馬県太田市に総合ガス充填工場を建設。
1996(平成8年) 神戸市中央区に神戸営業所を新築移転し営業を開始。
1997(平成9年) ネクスト・ワン株式会社に改称。 鹿児資料館を財団法人化する。
1999(平成11年) 東京都中央区に東京営業所を移転し営業開始。
2002(平成14年) 品質マネジメントシステム ISO 9001認証取得。
2005(平成17年) 姫路市西延末に姫路営業所を新築移転し営業開始。
2007(平成19年) プライバシーマーク認証取得。
2011(平成23年) 環境マネジメントシステム ISO 14001認証取得。
2012(平成24年) 環境事業部・メンテナンスセンターを開設。
2013(平成25年) 組織の呼称を中四国支社に改めその下に岡山営業所と新たに高松営業所を開設。
2015(平成27年) 京都市南区に京都営業所を新築移転し営業開始。
2015(平成27年) 広島市安佐北区に広島出張所を開設し営業開始。
2016(平成28年) 広島市中区に広島営業所を移転し営業開始。